普通のヘアカラーとヘアカラートリートメントはどちらが色が持つ?

今、白髪染めと言うと、乾いた髪に直接塗って20~30分放置した後洗い流すヘアカラーか、お風呂場でシャンプー後にトリートメント代わりに使って染めるヘアカラートリートメントの2通りあると思います。

が、実際の所どちらがイイのか分かりません。

私は別にヘアカラーアレルギーと言う訳ではないのですが、トリートメントタイプの方が気軽に使えて気に入っています。

なので、アレルギーだから本当はヘアカラーを使いたいのに使えない~と言う理由だけでトリートメントタイプを使うのではなく、色々試して自分のスタイルや髪質にあったモノを使うのがベストだと思うのです。

そんな中、色々使ってきた私ですが、実際の所ヘアカラー剤とトリートメントタイプの方は、一旦完全に染めた後の色の持ち具合はどの程度なのか?を検証してみる事にしました。

ただこれは私一人では平等な審査は出来ない=同じ髪でやると色落ち後といえども完全に白髪では無いので、同い年で同じ様に白髪で悩む従妹に協力してもらいました。

従妹にヘアカラーで髪を完全に染めてもらった後、私はヘアカラートリートメントを完全に染まるまで使い続けること一週間、ココからスタートです。

ココからは私は普段のお風呂でヘアカラートリートメントをしばらく使わない生活に戻って、普通に生活をしました。

従妹の方も、特にナニをするでも無く、染まった髪と共に日常を過ごして行ったのです。

2週間後に変化が現れたのが私の方でした。

完全に真っ白で雪の様な色合いだった白髪の色が褪せて来たのです。

他の白髪では、銀髪の様な感じの髪の方がまだ、染料が染まっている感じだったので大丈夫だと思いましたが、その白髪はあと一週間もしたらもとの白髪に戻りそうな状態です。

ヘアカラーで染めた従妹の方は、2週間程度では特に何が変わった?と言う感じだったので、やはりヘアカラーの方が染まりは強いと思いました。

3週間目に入ると、途端にヘアカラートリートメントで染めた髪の色がかなり褪せて来ました。

やはりトリートメントタイプのヘアカラーの方が髪をしっかり染め抜く事は出来ないのだろうか?と思いました。

ただ、この辺りは使った商品にもよるので本当の染まった髪の持続力はもっと長いのかも知れません。

と言う事で、普通のヘアカラーの方が断然白髪を染める効果は高い!事が分かりましたが、トリートメントでも同様の効果が得られる商品があるか探してみようと思っています。

追伸、それからというものヘアカラーを試しすぎて髪が・・・剥げてきました。これで相方の薄毛もクスクスと笑えなくなりましたね。

そんな私を見て相方から育毛剤を紹介され仲良く使用?しています笑。それがこちらのイクオスです!

ものごとはほどほどが良いと言うことを今頃になり知りました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ