最強の蚊取り線香は?

日本の夏の風物詩と言えば、金魚にスイカに蚊取り線香~が置いてある縁側の風景などを思い浮かべる人も居られるかと思いますが、風物詩の中にある蚊取り線香はあの、ぐるぐる渦巻の煙の出るタイプ~を思い浮かべるかと思います。

現代では、蚊取り線香と言うとその煙の出るタイプよりも、煙が出ないクリーンを前面に出して、コンセントに差し込むだけ~とかマットを替えるだけ~とか色々あるので、お好みで使いたいモノを選んでいく楽しみもあるかかも知れません。

しかし、じゃあ?どれが一体一番蚊を撃退するのに効果が高いのか?と言うと、こんなに色んな蚊取り系商品が溢れ返っている中でも一番効果があるとされているのが、蚊取り線香だったりします。

あの煙の成分が一番確実!に蚊を撃退&倒してくれるそうなんですが、いつぞやの時期にこの煙が子供に良くない!とか煙の吸い過ぎで肺に病気が?!とかナンクセ付ける人が急増した背景もあり、いつの間にかあの蚊取り線香を全く置かない店すら出てきたのです。

ただ、やはりその効果を実感していた人たちからはずっと指示され、いつの間にか蚊取り線香が人気になって来ましたが、しかし、果を撃退する方法は今のこのご時世~色々あるので、色々試してみる価値はあるのです。

特に蚊取り線香やマットを置くだけ~やリキッドタイプなどが苦手~と言う方は、窓際やベランダ、庭先などでハーブのミントを栽培してみると言う手もあります。

実は蚊はミント系~のあのスースーするニオイが苦手なので、そのニオイの大元となっているミントを栽培すると、ミントがそのまま虫よけになってくれるのです。

栽培したミントの葉は、ハーブティにしたり料理に使ったり~と色々使えて便利なので、蚊取り~ナントカが嫌いな人は是非この方法を試してみてください。

あと、そう言うのを置いたりなんだりが面倒だから、直接肌に吹きかけるスプレータイプが一番手っ取り早い!と思っている人も居ると思いますが、確かに吹きかけた直後から小一時間~位までは効果を期待出来ますが、それ以降となると確実!と断言できない程度の効果になっている可能性があります。

ただ、吹きかけるタイプは、時々使う分には全く問題が無い~いや、お肌の弱い人には使いづらいかも知れなかったり、また効果持続時間が短いと言う背景もあるので、ちょっとそこまでお出かけ~と言う場合にのみ使うのがお勧めなので、夜寝る前に使用するのは控えた方が良さそうです。

また、オシャレに使えると人気の、腕輪タイプの商品もありますが、あまり忌避効果も高くないので、確実に刺されたくない!と言う方には向かないかも知れません。

と言う事で、虫よけの方法は色々ありますが、自分で色々使ってみてから自分に合うモノを決めるのが一番良いかと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ